オレサマ人生珍道中

日々の出来事備忘録、趣味についてツラツラ書き連ねております。

モンスター攻略ICE BORNE〜リオレイア希少種篇〜

f:id:tenamonya_tech:20191120163739p:plain

はてさて、人間関係の難しさをモンハンで知るオレサマハンター。

色々書こうかとも思ったけど止めておこう。

言っても仕方ないことだし。

 

とりあえずソロはガチでマルチはウェイ系の完全中立衛星オレサマハンター、

今回のモンハンの仕様からすると、言えることはマルチはMRが100を超えてから行った方が良さそうではある。

そんなワケだからしばらくはほぼソロ進行オレサマハンター。

 

諸々、バイオ関連含めイベント盛りだくさんだったため、自身の導きの地攻略がおざなりオレサマハンター。

例の「ハンター達の永い夢」関連もクリアし、作成可能なものは全て作成してみたりした。

f:id:tenamonya_tech:20191120163820j:plain

f:id:tenamonya_tech:20191120163841j:plain

f:id:tenamonya_tech:20191120163904j:plain

最終強化一歩手前だけど…


中でも衝撃的だったのが、イベントではないが導きに「ナナ・テスカトリ」が現れたことである。

f:id:tenamonya_tech:20191120163950j:plain
なんだ導きじゃねぇかよ!なんて言わないでね!

 

いや、ナナの登場に衝撃を受けたのではない。今回のナナ防具「EXエンプレスシリーズ」の見た目である…。

f:id:tenamonya_tech:20191120164029j:plain

α一式

f:id:tenamonya_tech:20191120164056j:plain

そしてβ一式

いくらなんでもやり過ぎと違いますか?

この格好で並み居る歴戦モンスターと対峙するんすかね?

動きづらくないっすか?いや、問題はそこではないけれど…。

 

ま、いいんですけど。

 

そして地味にキツかったのがリオレウス亜種だったりしたのは秘密である。

f:id:tenamonya_tech:20191120164207j:plain

体力は低かったけど結構キツい

長くなったがここからが本題。

 

なぜか続編的に進行している「前倒し攻略」であるが、ここへ来ていよいよ大詰めである。

と言うことで第三弾はこのモンスター。

 

リオレイア希少種

 

f:id:tenamonya_tech:20191120164400j:plain

 

所謂「金レイア」の登場だ。

今回もまた、イベクエでの初お目見えである。イベクエとはなんて便利がいいんだ。

導きからは出る気配が全くないと言うのに…。

 

で、前回の銀レウス装備に多少手を加えてみた。

 

f:id:tenamonya_tech:20191120164547j:plain

スクショ忘れちゃったので前回のまま…

火耐性はもちろん盛るけれど、初めて「毒耐性」も積んでみたりして。

そして意外なところでいえば破壊王も中途半端に入れてみた。

どこまで功を奏するか不明ではある。

そして、匠のレベルが護石含めてマックスだったのだが、護石をガード性能に振ってしまったので匠のレベルも極度に下がってlv2である。

 

ま、でもこれと言ったバックボーンもないにも関わらず何となく行けんじゃね?的軽い感覚である。

それもこれも銀レウスに初見で勝ててしまったからではあるが。

 

と言うことでクエストはこちら

 

M★6

月は無慈悲な金の女王

リオレイア希少種の狩猟

フィールド:龍結晶の地

 

エスト名が国語的に意味不明だが…。

 

と言うことでモンスターリマインド

 

リオレイア希少種】

 

銀レウスの片割れである。とりあえず強い。弱点属性は雷、次点で水だそうな。

飛んだら中々降りてこない銀レウスに対し、地面での追いかけっこがメインの相手。

そして猛毒サマーソルトの使い手としても有名である。

 

主な攻撃は

・噛みつき(2連続)

・回転尻尾攻撃

・滑空

・突進

・サマーソルト

・なぎ払いサマーソルト

・回転サマーソルト

・火炎ブレス(3連続)

 

上記攻撃を諸々織り交ぜて繰り出してくるので、パターンは多めである。中には確定のパターンも存在する。

例えば怒り時の火炎ブレスは正面、向かって右の2発でそこから回転式サマーソルトに移行、とかとか。

そして飛び立ってからのサマーソルトは必ず2回撃ってくる、とかね。

 

と言うことで個人的に感じたモンスター攻略のポイント。

 

・尻尾は早めに切り落とす

→早めに切り落とせば毒攻撃を出さなくなるので相当にラクだと思われる。オレサマハンターかなり終盤での切断だったので苦労したけど…。なんにせよ結構切断しにくい印象。

 

・頭部も早めに破壊するのがベター

→相当お堅い頭ではあるが、破壊すると会心が乗るようになるので途端にラクになる。そのための破壊王である…けど、こちらも中々時間かかってしまった…。

 

・サマーソルトは2本目に軸合わせをしてくる

→1本目は真上からのサマーソルトだが明確にかわしやすい。二発目もそこまで恐ろしい攻撃ってワケではないが軸合わせをしてくるので注意するべき。

 

・回転しながらのサマーソルトは真下が安全地帯

→たまたまだが、真下に潜ったら一切被弾しなかった。とっさに行動できるかどうかがポイントではあるが、覚えておいて損はないかと思われる。

 

・突進の見極めが重要?

→対戦して思ったが、やはりキツい攻撃は突進である。モーションがない上に当たり判定が非常にわかりにくい。ダメージ量はそこまで高くはないが吹っ飛ばされるのでストレスがたまる。しかしあの攻撃は見切れるのかしら…。

 

・2連続ブレスからのサマーソルト

→つまり2連続からサマーソルトに移行する場合がある。これも見極めは難しいけど、ワリと長い「間」があるので攻撃チャンスになり得ると思われる。

 

・劫炎状態はやっぱり厄介

→ブレスの頻度および威力が単純にアップするのでキやっぱりツい。ガード性能lv5積んでもノックバック&硬直が著しい。しかも地面がえげつないダメージ床になるので、ブレスそのものよりもこの地面からのダメージで乙る危険性がある。ランスであれば突進を使ってその場所からすぐに脱出できるので非常に便利ではある。1回だけ、劫炎ブレス直後にサマソを綺麗にもらって毒状態からのダメージ床で一瞬で乙った。そこまでの経過時間が異常に短かったので(体感で5秒くらいか…)毒耐性も重要だが火耐性だけはマストで準備するべきである。

 

そしてまさかのオレサマハンター、後で「ガード強化」が不要と聞き愕然とする。

本来であれば頭部および尻尾への永続的攻撃が理想ではあるがオレサマハンター、ハッキリ言うとランス下手なので中々うまくいかず、ほぼ毎回腹下に潜り込んでしまい、会心が全く乗らない部位をひたすらツンツンしていたので切れ味がみるみる落ちる。であるので、レイアが転倒した際、もしくは閃光で怯んでいるうちに研ぐしかなかった。非常にもったいない。

しまいには上記理由で1乙デスルーラ…。結果、準備万端で再出発である。

 

再度、レイア出没場所に赴いたら寝落ち中。あぁ、なんとか上手くいった…。からの捕獲GJにてクエ終了。

今回もまた奇跡、3乙せずに金レイア討伐完了である。

f:id:tenamonya_tech:20191120165058j:plain

右上に尻尾があるね

f:id:tenamonya_tech:20191120165128j:plain

f:id:tenamonya_tech:20191120165331j:plain

まさかの最小金冠!

対戦中に(まぁ、今回は勝てるな)と思ったことは思ったが、乙った時は瞬間芸だったので油断は絶対に禁物の相手ではある。

やはり強い。強いけど、個人的には銀レウスの方がキツい。レイアは言ってもあんまり飛ばないからちゃんと攻撃当てられるし。

 

それ以降は闘技場にも金レイアが出るのでこちらも無難に無乙にて終了。やはり銀レウスほどの強敵ではなかった。

f:id:tenamonya_tech:20191120165227j:plain

f:id:tenamonya_tech:20191120165412j:plain

ソロでなんとでもなるかなりまともな相手、それが金レイアの印象ではある。

 

ということでソロで2回討伐してはいるが、「EXゴールドルナ装備」その他諸々武器強化に異様に素材を要求されるので、あと数回はこなさないといけないが、ま、今今はいいや。飽きちゃったし…。

一応の見た目

f:id:tenamonya_tech:20191120165500j:plain

α一式

f:id:tenamonya_tech:20191120165529j:plain

β一式

そーんな感じで、マスターランク100寸前で燻っているオレサマハンター珍道中アイスボーンの巻は今日も続くのであった。